凍ったフロントガラスももうへっちゃら!冬を乗り切る車アイテム

冬になると気温が氷点下まで下がる日も出てきます。気温が低くなることで車のトラブルも起こりやすくなります。

いざ車を走らせようと思ったときに、フロントガラスが凍ってしまっていたり、前日から降った雪の影響で車がすっぽり埋まっていたりすると、車を発進させるまでに時間もかかります。

冬に起こりやすい車のトラブルや、その対処法を知っておかないとトラブルに遭遇したときに適切な対処法が取れなくなり車を使えなくなるだけでなく、車の劣化を早めることにもつながります。

冬の車は大変!寒さや雪で起こるトラブル

冬になると夜間の冷え込みが激しくなり車のトラブルが起こりやすくなります。駐車場の屋根や外壁などがない場所で保管をしておくと、冷たい外気の影響を受けやすくなりフロントガラスが凍りついたりするのです。

フロントガラスが凍っていて溶けるまで出発できない

朝車で出かけようと思ったらフロントガラスががちがちに凍っていることは、冬ならよく起こるトラブルのひとつになります。

凍ったフロントガラスをすぐに溶かすために温かいお湯をかけてしまう方がいますが、それは絶対にやってはいけないことです。

ガラスは熱の差に弱く、冷たい外気で冷えてしまっているのに温かいお湯をかけてしまうと、温度差によってフロントガラスが劣化してしまうのです。

お水をかけるときは真水か40度以下の人肌程度のお湯をかけるのがおすすめです。また氷解スプレーが販売されていますのでそれを持っていると、フロントガラスの氷を簡単に溶かせます。

車内のガラスがくもる

冬に車を走らせると車内のガラスがひどくくもることがあります。車内の窓ガラスがくもるのは湿度が高く車内と車外の温度差が大きくなると起こるのです。

くもりが酷くなると視界が悪くなって事故を起こす危険性が高くなってしまいますので、早めに対策をとりましょう。すぐにエアコンを入れる、外気を導入してできるだけ車内と車外の温度差が大きくならないように努めるのです。

「雪のせいで遅刻しそう」はもうさせない!寒さに負けない便利アイテム

普段は滅多に雪が降らない地域で生活をしていると、雪の対応に慣れていません。車が雪ですっぽりと埋まってしまって動かなく、会社に遅刻しそうになるケースも多くみられます。

雪を理由に遅刻が認められないこともありますので、万が一の時のために雪や寒さ対策グッズを揃えておくと役立ちます。

フロントガラスの氷を溶かすアイテム

フロントガラスががちがちに凍ってしまうとそれを溶かすまでに時間がかかってしまいます。すぐに溶かそうとしてお湯をかける方がいますが、ガラスは温度の差に弱く熱膨張を起こしてフロントガラスが割れてしまう危険性が高くなります。

フロントガラスの氷結対策としては凍結防止カバーをかけるか、解氷スプレーをかけるのが効果的です。

凍結防止カバーをかけておけば朝カバーを外すだけですぐに車を発進させられますし、解氷スプレーを使えば、お水をかけてゆっくりと氷を溶かすよりも短い時間で氷が解けます。

また冷え込みそうな日は前日のうちに氷解スプレーをかけておくと翌朝フロントガラスが氷にくくなるのです。

車が雪に埋もれてしまったときの対処法

気候の異常が起こるようになって、普段は雪があまり振らない地域でも大量の雪が降ることが増えました。朝起きてみたら車がなくなっていたと思うほどすっぽりと雪で車がおおわれてしまうこともあるのです。

もしも車が雪に埋もれてしまった時のために、ゴム製の雪落としグッズを持っていると役立ちます。

スコップなどで車に積もっている雪を落とそうとすると、誤って車のボディやガラスを傷つけてしまう危険性が高くなってしまいます。しかし手で雪を下していると時間がかかります。

先端がゴムでできている雪を払うグッズがカー用品店で販売されていますので持っていると便利です。しかも柄の部分も長く作られていますから車の屋根に積もった雪も払えます。

まとめ

冬になったら天気予報をしっかりと見ておくことも大切です。翌日の天気が雪やかなり冷え込むと予測できたら前日のうちに対策をとっておくことで被害やトラブルを防ぐことにもつながります。

当日になってトラブルが起こってしまったときは、便利グッズを持っているとトラブル改善に役立ちます。

冬は寒さや雪で車にトラブルが起こりやすくなります。起こりやすいトラブルや、対処法、知識を知っておくと役立ちます。

降雪時の車の手入れについてはこの記事が参考になります。

雪が降った時の車のお掃除やメンテナンスのコツ