車のタイヤ

スタッドレスタイヤの選び方とメンテナンス

Pocket

スタッドレスタイヤは、雪道でもスリップせずに走ることができます。また例え雪が積もっていなくても、路面が凍結していることが多いので、冬場はスタッドレスタイヤに交換しておくのがベストです。

ここでは、スタッドレスタイヤの選び方とメンテナンスなどについてご紹介してみたいと思います。

冬の定番スタッドレスタイヤについて

スタッドレスタイヤとは

スタッドレスタイヤとは、スタッド=鋲(びょう)のないタイヤという意味になります。ただし鋲のあるタイヤは、現在ではどのメーカーも販売していません。ちなみに一昔前までは、鋲の付いたスパイクタイヤというのが主流となっていました。

ところが、道路を削ってしまうというデメリットが発生することから、スタッドレスタイヤへと移行するようになったといわれています。かってのスパイクタイヤは、道路を走るとうるさかったように記憶しています。何せ、タイヤの表面に鋲がはめ込まれているのですからね。

通常のタイヤとスタッドレスタイヤとの違い

通常のタイヤとスタッドレスタイヤとの違いは、まず見た目ではタイヤの溝の深さが全然違います。それにタイヤの角の部分が、通常のタイヤの場合には丸みを帯びています。それに対してスタッドレスタイヤの場合には、角ばった形状になっています。

もちろんそうした形状になっているからこそ、凍結している路面でもスリップすることなく走れるのだと思います。その他にも、タイヤの質自体も全く違うといわれています。要するにスタッドレスタイヤは、ゴムの質が柔らかくてしなやかになっているといわれています。

スタッドレスタイヤの失敗しない選び方

お買い得タイヤは要注意

スタッドレスタイヤを買う際に失敗するというケースというのは稀です。もちろん、ブリジストンなどの最大手のタイヤメーカーと2流のタイヤメーカーとでは、同じスタッドレスタイヤでも性能にも随分と違いがあります。ただしスタッドレスタイヤである以上は、夏タイヤのようなスリップ事故はまずあり得ません。

その代り注意する必要があるのは、例え未使用のタイヤであっても製造年月日の古いタイヤです。そんなタイヤは、早く処分したいので安く販売しているに違いありません。安く買える点に関してはよいのかもしれませんが、タイヤというのは年月が経てばたつほど劣化が激しくなっていくのです。

安価なタイヤと高価なタイヤとの違い

雪道で滑るのは、路面の雪の上にできている水膜にあります。スタッドレスタイヤは、この水膜を取り除いてくれるのです。その上、路面との密着性を高めるために、夏タイヤよりも柔らかいゴムが使われています。そのため、夏タイヤよりも寿命が短いという特徴もあります。

その一方で、ブリザックやアイスガードといった有名メーカーのスタッドレスタイヤは、値段が高い分だけ寿命も幾分長いといわれています。従って、安価なスタッドレスタイヤを何回も交換して使うか、高価なタイヤを長い間使うかといった違いがあるといえるでしょうね。

スタッドレスタイヤもメンテナンスは必要?保管する時の注意点は?

保管前には必ず洗浄する

スタッドレスタイヤは、融雪剤が付着している可能性が高いので、夏タイヤと交換して保管する際には、必ず水で洗浄しておく必要があります。それはどうしてなのかと申しますと、融雪剤はタイヤのゴムを劣化させたり、ホイールのメッキを剥離させたりしてしまうのです。

とくにホイールのメッキが剥離してしまうと、ザラザラの状態になるのでタイヤとの密着性が悪くなってしまいます。もしそうなれば、その部分から空気が抜けてしまいます。また水洗いをした後は、十分に乾燥させてから保管することも重要です。濡れた状態のまま保管するとゴムが劣化します。

タイヤをビニール袋に入れて保護する

水洗いと乾燥が完了したスタッドレスタイヤを保管する際には、ビニール袋に入れて保管するのがベストといえます。何故ならば直射日光や紫外線、あるいは雨風にタイヤがさらされるとゴムが劣化してしまうからです。また保管する場所についても、風通しのよい日蔭が望ましいといわれています。

さらにホイール付きのスタッドレスタイヤは、横積みの状態で積み重ねるとよいといいます。タテに並べておくと、タイヤと床の接地面ばかりに負荷がかかるため、タイヤが変形してしまうといわれています。

ただし、ホイールの付いていないタイヤのみの場合には、横積みによるタイヤの変形を防ぐために縦積みがよいといいます。

まとめ

夏よりも冬の季節のほうがスリップ事故などのリスクが高くなります。そしてドライバーの命を守ってくれるスタッドレスタイヤでもあるので、選び方やメンテナンスは大切ですね。

車のメンテナンスや手入れについて、もっと詳しく知りたい方は、こちらをお読み下さい。

日々行うべき点検とマストアイテム